東久留米・清瀬の音楽教室 【YK music school】
西武沿線(清瀬・東久留米・大泉学園・石神井公園・池袋)のジャズボーカル&ドラムの教室です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良くある質問 Q&A





Q:入会金は必要ですか?
A:入会金は必要ありません。毎月お月謝のみお支払い頂いております。


Q:お月謝について教えて下さい。
A:月1回レッスン(60分)5000円よりコースをご用意しております。
  詳しくは『コース・料金表』のページをご確認下さい。


Q:初心者でも大丈夫でしょうか?
A:もちろん大丈夫です。これから始めようと思っている方こそ
  正しいトレーニングや知識が必要ですよ。


Q:何ヶ月くらい通えば上達しますか?
A:個人差がありますし、目標レベルやレッスン回数にもよりますが、
  毎回のレッスンを確実に習得し練習すれば必ず上達しますよ。


Q:楽譜が読めないのですが。。。
A:ご安心ください。スキルや目的に応じてレッスンを行います。
  ご希望であれば譜面の読み方や音楽理論も学べますよ。


Q:高い声が出るようになりますか?
A:発声方法を身につけることで音域は広がります。
  無理な発声は喉を痛めますので
  声帯に負担の掛からない発声法で練習しますよ。


Q:歌い続けると喉が痛くなります。
A:色々な要因が考えられます。まずは歌い方・発声をチェックしましょう。
  ぜひ体験レッスンへお越し下さいね。


Q:初心者ですがJAZZドラムを叩けるようになりますか?
A:ご安心下さい。初めての方でも解りやすいよう、
  優しい講師が丁寧にトレーニング方法をお教えしますよ。


Q:どのような方が通っていますか?
A:20代前半の方から70代の方まで、プロ志向の方や趣味の方まで
  幅広い層の生徒さんが通われていますよ。


Q:友達や家族と一緒に受けたいのですか可能でしょうか?
A:もちろん可能です。お一人さま500円の体験料金となりますが
  人数に応じて10分~20分ほど延長させて頂きます。


Q:教材はどのような物を使いますか?有料ですか?
A:基本、教材は使いませんので教材費は掛かりませんよ。
  習いたい曲の譜面や音源をご持参頂きますが、
  譜面作成を依頼をされた場合は別途料金が掛かります。


Q:レッスン日時変更は出来ますか?
A:出来ます。レッスンの前日までにご連絡頂ければキャンセル可能です。
  当日キャンセルや連絡無しの場合は1回消化とさせて頂きます。


Q:お月謝以外に料金が掛かることはありますか?
A:ありません。譜面作成や発表会参加をする場合は別途有料になります。


Q:入校するか解りませんが体験レッスンは受けたのですが。。。
A:大丈夫ですよ。体験レッスンを受けてみてから
  ご自分に合うかどうかを考えてみて下さいね。
  まずは体験レッスンへ是非、お越し下さい!




   LET'S ENJOY ♪♪


→ お問い合わせフォームへ


info@yk-music.net
090-1043-6573




YK MUSIC SCHOOL






スポンサーサイト
♪ 500円体験レッスン受付中 ♪




レッスンってどんな事をするんだろう??

そのような疑問をお持ちの方、

まずは『ワンコイン体験レッスン』を受けてみて下さい。

アットホームな雰囲気で個性を活かす指導を致します。

きっと30分のレッスンの中で

音楽と触れあう楽しさを知って頂けるはずですよ♪











  ♪ ワンコイン体験レッスンの流れ ♪




① TELまたはお問い合わせフォームから予約を取って頂きます。

 (ご希望の曲がございましたら譜面または音源をご持参下さい。)


② ご来校時、レッスン前に簡単なカウンセリングをします。


③ 30分間レッスンを体験します。

 (レッスン内容は生徒さんに合わせてカリキュラムを組んでいきます。)


④ 音楽や教室についての質問等を承ります。







お気軽にお問い合わせ下さい。   

→ お問い合わせフォームへ


info@yk-music.net
090-1043-6573


YK MUSIC SCHOOL


カテゴリ

オフィシャルサイト

YK music schoolのHPはこちら!! http://yk-music.net/

ykmusic

Author:ykmusic
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。